GoのWAF「goa」のCORSヘッダ処理用Middleware「goacors」を作った(パクった)

概要

  • goaというフレームワークを直近利用しているがすごく良い
  • が、CORSヘッダの処理をデプロイ環境ごとに変えようとすると手間がかかる
  • MiddlwareをechoのMiddlewareからほぼコピーして作った
  • github.com/deadcheat/goacorsとして公開したのでエントリを書いた

構成

  • 素のgo
  • ginkgoでテスト
  • travis-ci, coveralls.io

感想

  • まぁgoagenにまかせて、毎回ビルド前にすべての変更不可リソースを生成し直すというのが本来のソリューションではないかと思うのでこのMiddlewareに意味はあるんだろうかという思い
  • 新しいWAFを使い始めるとだいたいミドルウェア開発おじさんになりがち
  • goaは、まずドキュメントの元、つまり設計コードをしっかりと書くことが必要となるので、大きな組織のAPIリプレースなどでは非常に力を発揮するのではないかと思います。Swagger用のドキュメントを自動生成してくれるし。
  • 作成にあたっては、echoのCORSミドルウェアをまんまパクったので、本当に有難うございましたとしか言えないし本当にすみません。
おわり

このブログの人気の投稿

2016年にgoを使ったのでまとめ

採用とは何か

エンジニアの妻になってしまった我が妻には感謝している