エンジニアの妻になってしまった我が妻には感謝している

この記事は妻・夫を愛してるITエンジニア Advent Calendar 2016の21日目です。

前日はtamootさんでした。

はじめに


パートナーを愛してる話ということですが、圧倒的感謝しかないです。死ぬ。感謝で死ぬ。ほんとに。

昨今のインターネッツは生きづらいので、本当は3倍量くらい書いてましたがシンプルな感謝状になりました。インターネット滅びろ。

感謝


そんなインターネットで出会い、それからお付き合いしたのが日韓ワールドカップ後くらいからなのでもう14年のおつきあいになりますか。出会った当初はお互い学生でしたし、今のような職業に就くとは思ってませんでしたね。

働き始めてからの二人の夕食については、基本的に僕が作るスタンスで生活してきました。これは妻が偏食であること、また食に対してもともとはあまり能動的でないことなどから生まれたスタイルで、かつてマウントレーニアのカフェラテを夕食と言い張り、キャベツしかまともに食べられる野菜がなかった妻が今ではある程度サラダやトマトソースなども口にできるようになったことを考えると大いなる進歩を感じます。これは逆に感謝されたい。されたい。してくれ!!!

とはいえ、いくぶんかの家事をこちらで引き取ってはいても、なにぶん僕が仕事でコード書くのに熱中したりしてて夜遅めの生活になっていて、妻には日々の生活において主に子供関連で負荷がかかっていて申し訳ないなぁと思っています。いつも苦労をかけています。ごめんなさい。本当にありがとう。

いつも夫婦ふたりともおふざけ野郎なので、とりとめなく延々とふざけているのですが、このやり取りに本当に癒やされています。最近は子供が輪をかけてふざけ野郎なので、その点は割りと心配していますが、避けられない運命ではあるので、彼がふざけを極めたければ極めれば良いなと思っていますし、それを二人で見守ることができれば最高ですね。僕だけかもしれませんが。

最後に


スイート10は難しいかと思いますが、来年も何度かネックレスをプレゼントできるようにがんばりますのでご容赦ください。温泉旅行にでも行きたいですね。ありがとう。

明日はsakanatechさんです。楽しみですね。

このブログの人気の投稿

2016年にgoを使ったのでまとめ

採用とは何か

vue-bulmaと太陽と埃の中で